初めての双望会 (2)2012年10月23日 21時53分34秒

ユニークな機材がたくさんありました。
たくさんの人が集まっていたイタリア製のDall-Kirkhum望遠鏡です。長焦点で、惑星専用のようです。調整が万全では無く、本来の性能の状態では無い状態だそうですが、黒(カーボンファイバー)と金色でオブジェとしても美しい望遠鏡でした。
italian D-K

かつさんのMelon250CRSです。鏡筒だけでなく、赤道儀のおもりにまでイラストが描かれています。かわいいイラストのシールをいただきました(ありがとうございます)。
Melon 300 CRS

太陽望遠鏡がたくさんありましたが、その中でも特にユニークな岡本さんのシーロスタット望遠鏡です。Nikonの10 cm屈折望遠鏡に、2枚の平面鏡で太陽を導入しています。2枚の内、手前側の鏡が極軸の周りで回転して太陽を追尾しています。このシステムのアピールポイントは、ビーチパラソルも装備して、直射日光にさらされることなく太陽観望ができることだそうです。この日は日差しがきつかったのですが、この望遠鏡の観望は、とても快適でした。
シーロスタット

この会のシンボル的な鏡筒だそうです。昨年と色が変わっているということでした(黄色 --> 黒)。
BigBino

蒼い星さんのBlue双眼望遠鏡です。太陽フィルターも青色で統一されていてきれいです。
Blue Bino

私も、太陽を見せていただきました。
Blue Bino

同じく蒼い星さんのミニチュアのBinoです。2つの鏡筒を保持する機構がユニークです。異なる2つのアダプタで鏡筒を保持することで、目幅調整と光軸調整ができるようになっています。このような機能をもつパーツが市販されているとは知りませんでした(本来の用途は、違うものだそうです。例えば目幅調整に使っているアダプタは、マクロ撮影等のカメラの前後調整用で、それを左右の移動に応用しているそうです。)。
mini bino

中野さんの114Binoです。とてもシャープに感じました。
Nakano 114 Bino

40 mmのPSTを双眼にしたものです。性能のばらつきが大きいものだそうですが、良い物を特別にSelectして双眼望遠鏡にしたものだそうです。そのとおりで、プロミネンスも、太陽表面の模様も 、どちらもシャープに見えました。
会場には、他にもたくさんの太陽望遠鏡があり、素晴らしい像を見せていただきました。私も1本(2本?)欲しいと思いましたが、お話を伺うと、見せていただいたような良い像を得るには、たくさんのKnow-Howが必要なようで、簡単では無さそうです(費用もかかる?)。
PST Twin

コメント

_ 114中野 ― 2012年11月08日 23時36分57秒

双望会ではお世話になりました。この度は私の機材を御紹介下さりありがとうございます。少しでも参考になったなら幸いです。パソコン音痴でメールも大の苦手ですので、とりあえずお礼まで。 また来年の双望会でお会いしましょう!

_ Morgenstern ― 2012年11月09日 22時48分33秒

114中野様 コメントありがとうございます。

双眼視が好きなので、Dobと10 cm屈折では、ほとんど双眼装置を使って観望しているのですが、中野さんの114Binoをはじめとする双眼望遠鏡のシャープでありながら広い視野の眺めは、別格ですね。来年の双望会にもぜひ参加しようと思っていますので、また、よろしくお願いします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://morgenstern.asablo.jp/blog/2012/10/23/6610671/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。